英会話スクールに行こうトップ

英会話スクールに行こうトップ2

英会話スクールについて

英会話スクールはいうまでもなく英語を学ぶための施設ですが、そこに行って英語を学ぶ目的と目標が人それぞれ違っているので、それによって利用の仕方も様々あります。例えば趣味として英会話を楽しみたいという方にとっては、週に何度か、レベルの合う人と英語すのは、とても楽しいことですし、英語と触れる時間が持てるので、英語を聞く事にも話す事にも慣れてきます。こういう利用の仕方で楽しんで英語を学ぶのも、生活にハリがでて、とても良いことだと思います。海外旅行にも堂々と行けるようになりますし。

 

はじめは講師が外国人だということもあり、緊張するでしょうが、でも、そういった環境にも慣れると、英語が話せる話せないは別として、心の余裕が身に付きます。留学3ヶ月で得られるような会話力でも、英会話スクールに通って1年以上かかってやっと習得できることということも珍しくありません。留学は必然的に、一日中、英語づけの生活になりますので、1ヶ月数時間のレッスンとは比べてはいけないのかもしれませんが、やはり留学での英語習得は早いといえます。だからといって、日本で何もしないで現地に行くのはリスクが大きすぎますよね。挨拶もできないし、自己紹介もできない、欲しいものも相手に伝えられません。これでは生活をすること自体が危険です。そこで、留学先で語学コースから勉強する予定でも、今からでも最低限の英会話力は身につけておく必要があると思います。必ず英会話スクールに通わないといけないわけではありませんし、だらだら通うよりは、しっかりした教材で独学した方がよっぽど効果があるので、ご自身の勉強スタイルに合わせて選択するのが良いと思います。


 

ただでさえ「日本人は中学で3年間、高校で3年間の合計6年間も英語を勉強しているのに、英会話ができない。」と言われることが多いのです。文法やリーディングばかりやっているために、どうしても持っている語彙の知識が文語体のものに偏ってしまっているため、日本人が英語を話すと、どうしても堅い印象を与えてしまいがちです。そのため、海外ドラマや洋画を見ていても、口語表現を知らないために、「何を言っているのか分からない」という自体に陥ってしまいます。実はこの海外ドラマは英会話ができるようになるためには最適の教材なのです。人によって英会話を勉強する目的は違うと思いますが、「会社で英語でプレゼンができるようになりたい」という方もいるでしょうし、「英語の電話対応ができるようになりたい」という方もいるでしょう。しかし、ほとんどの方にとって英会話を勉強する目的は、「日常会話ができるようになること」、「英語を日本語のように話せるようになること」なのでは無いかと思います。と言うことは、ネイティヴの日常会話をお手本にするのが一番です。そして、そのネイティヴの日常会話を収録しているのが海外ドラマや洋画なのです。英会話スクールに通われる前にレンタルビデオ屋に走り予習をして臨むというのもいいかもしれませんね。

Favorite

歯周病 横浜
http://www.sugiyama-dental.com/
貸切バス 東京
http://www.kstravel.co.jp/
アンティーク ソファ
http://www.viviandcoco.com/
おすすめのサバゲー装備ショップ
http://www.first-jp.com/articleinfo/detail.php?id=222

2015/11/17 更新